08 3. 2019 up date

春の花をいける|Forage vol.2

Foragerチーコさんに聞く
フラワーベースと花生けの楽しさ

「役割を考えて花を選んでみる」

Foragerチーコさんに聞くフラワーベースと花いけの楽しさ。
Vol.2では大きめのフラワーベースにいけるコツ、
チーコさんがショップで取扱う花についてをうかがいました。

column_forager_2_a.jpg

--- 大きな花瓶にたっぷりと生けてみるのも憧れです。
「たくさんのお花を生けるのも、コツを掴めば簡単です。これまでのステップを踏まえた上で、3つの役割を想定して花を選ぶとうまくいきます。1つめは、花瓶とつなぐベースとなる花やグリーン。2つめは目線を集める主役。ただし、分かりやすく目を引くバラやガーベラなどを選ばなくても、小ぶりな花をたくさん挿すことで主役級の存在感をつくることもできます。最後、3つめは動きを出す脇役。これは華奢だったり、茎が曲がっていたりと、リズム感のある花を選ぶといいと思います。」


column_forager_2_b.jpg

--- たくさんの種類を生けるときは、買う時からバランスを考えるのが大事なんですね。
「そうですね。生けた時のバランスをイメージしながら選べるといいですが、慣れないときは色や質感だけでも統一すると生けやすくなります。複数の花を生ける醍醐味は、自然界ではあり得ない風景を自分の手でつくれること。ひとつの根っこから、さまざまな色形の花やグリーンが生えてきたと想像しながら挿すと、より楽しめると思いますよ。」

--- 選んだ3つの花は、どんな順に生ければいいのでしょうか?
「基本的には、中くらいの花瓶に生ける時と同じ。一本一本をよく観察した上で、ベースを作り、そこに主役、脇役とバランスを考えながら挿していきます。このバランスが難しいのですが、花瓶の中に焦点をひとつ作るようにして挿していくとうまくまとまります。挿したすべての花の茎が、その焦点で交わるようなイメージです。難易度が高いですが、意識するだけで、まとまりが生まれるはずです。」

--- チーコさんが生けると、控えめに思えた花にも華やかさが生まれるのが不思議です。
「私のお店にある花は、言うなれば全員脇役。ここは“脇役劇場”なんです。普通のブーケなら、バラやガーベラの隣に埋もれていそうなお花ですが、私はそういった一見、地味なお花の可憐さに惹かれるんです。微妙な色合いに見とれたり、小さく咲いた姿に心が和んだり。脇役たちだけでまとめると互いの個性も引き立ちます。」

column_forager_2_e.jpg


--- そう思うようになったのはいつ頃なんですか?
「花との最初の接点は、高校時代に友人の薦めで始めた花屋のバイトでした。でもその時は、お花屋さんになりたいなんて、これっぽっちも思っていなかったんです。話すのが苦手で、接客も苦手だったから花屋の裏方はぴったりだなって。ひたすら店の裏で花の仕分けをしたり、仏花を作ったりしていました。普通の町の花屋さんだったので。その後、大学に進学して、もっと花の勉強がしたくなってフラワーアレンジメントの教室に通い、卒業後は大手のフラワーショップで働きました。でも、その頃からずっと、いわゆる主役ではない花たちに惹かれていたんだと思います。暮らしの中にあるなら、こういう花の方が居心地いいなって。」


column_forager_2_f.jpg



--- チーコさんならではの花のラインナップは、自分の気持ちに素直になって生まれたものなんですね。そもそも、お店を開こうと思ったきっかけは?
「成り行きなんです(笑)。私、自分の店を持ちたいなんて、思ったこともなくて。8年間務めたフラワーショップはとても忙しい仕事場で、日々の仕事に追われているうちに、いつしか心からお花を楽しめなくなっていました。それで、子どもが生まれて育児休暇を取った時に、すっぱりお花と離れてみることにしたんです。2年くらい花のことは何にも考えないで生活したら、ようやく昔の気持ちが戻ってきた。でも、子育てしながら仕事に復帰するのは大変で。ならばいっそ、と店舗を持たない花屋さんをひとりでスタートさせました。」

「普段は脇役の花にスポットを」

--- イベントに出展していたのが、やがて実店舗になったんですね。白を基調としたショップや“脇役劇場”というテーマで集められた花には、チーコさんの自然体な雰囲気が表れている気がします。
「ありがとうございます。お花って自分自身が自ずと出てしまうのかもしれません。皆さんも花生けをすると、その時の心の状態が表れて、驚くと思いますよ。迷っていることがある時に生けると、どこか迷った雰囲気の花になりますし、反対に一輪挿しにピッと一本の花を生けて、「決まった!」という時もある。そうゆう時は、今日の自分は凄みがあるなぁと思ったりします。花を生ける時間は、自分を見つめる時間。ここでお伝えしたコツも大切ですが、気持ちを解放して、のびのび楽しんでみるのがいいと思います」

column_forager_2_i.jpg

Forager nisihara

〒151-0066 東京都渋谷区西原2-26-5 パールマンション101
幡ヶ谷駅徒歩5分
代々木上原駅徒歩15分
OPEN 11:00~18:00
月曜日木曜日定休
※ブーケなどのアレンジメントは事前のご相談&ご予約をお願いいたします。
http://forager-tokyo.tumblr.com/

arrangement:チーコ
text:YUKA UCHIDA
photo:RYOKO ONO

AMB100貨 SELECTION COLUMN

春の花を生ける Forager vol.1 >>

selection_top_bnr1-3.jpg


AMB100貨(アンビ・ヒャッカ)は、100年続く、100社以上のもの、ことを集めたAMBIDEX百貨店です。
SELECTIONは、もの通じて、楽しい、すてき、おいしいなど、心が動く瞬間をお届けします。

SELECTION 商品をみる>

COLUMN 一覧へ戻る