13 SEP. 2018 up date

魔法のふとん紀行 連載スタート全3回 インタビュー

「日常の喜び」をテーマに作品を作り、ギャラリーやショップで作品を発表している、渡邉紘子さん。

軽やかな薄い布や糸を巧みに使い空間を演出し、見る人を非日常な世界へと導きます。


風に揺られて漂うオブジェには、

現実にあった出来事なのかそれともフィクションなのか、

ファンタジーとリアルの間を行き来しているかのような物語が添えられて、

クスッと思わず笑ったり、心にじんわりと響いて少し元気になれたり。


渡邉さんの作品を何度か見させていただく中で、

「物語と作品がひとつになる、本みたいなものがあったら読んでみたいな」

という気持ちが芽生えてきました。

「アートブックをめくるような気持ちで、携帯の中でいつでも作品を見ることができて、

ふとした瞬間に非日常の世界をのぞくことができたら、とても贅沢で、気持ちが豊かになれる気がする」

そんな気持ちを渡邉さんにお話しして、

AMB百貨で、作品と物語を一緒に読んでいただく連載が実現することになりました。


毎月ひとつ、お話しと作品を合わせてご覧いただけます。

アート作品なので、ここですぐに購入していただくことはできません。


連載が終わったら、実際の作品をどこかで見ていただくことができたらと考えています。

大きさや、素材の雰囲気を想像しながら、

言葉と作品の世界を楽しんでいただけたらと思います。



物語の題名は



「魔法のふとん紀行~Magic Futon jorney」



物語が始まる前に、過去の展示や作品のことや、渡邉さんの日々のことをうかがいました。

ゆっくりとお読みください。


第一回 9月25日


第二回 9月26日


第三回  9月27日



作品掲載スタート 9月28日




profile.jpg